柔道を通じて心身の育成に励んでいる六郷柔道スポーツ少年団です。
                                                                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本強化コーチ、選手からジュニア選手へのメッセージ

柔道栄光への道1


柔道栄光への道2


柔道栄光への道3
スポンサーサイト

練習で辛い事を経験しないと
試合ではなかなか踏ん張れないですね
自分を追い込む事は
勝負事には必ず必要な事です

といっても
なかなか自分だけでは
追い込み切れないのも事実
人間ですから
楽しい方、楽な方へ流されてしまいます

しかし、選手として
活動している間は
積極的に追い込んでもらいたいと思います
その苦しい経験は
試合で勝った時に一番実感できると思います

ある漫画でこんな言葉があります
「妥協してたら、それなりのものしか手にはいらない」
山梨学院大学の柔道部のスローガンも
「妥協禁止」

勝負なんです
勝ちの人がいたら負ける人もいるんです
みんな勝ちたいんじゃないの?
週にたった2回の練習
手を抜かないで思いっきりやってみましょうよ


今回はイメージトレーニングの話です。
よくイメトレなんて言い方もします。

ではどんなことをすればいいのでしょうか
単純に頭の中で柔道をすればいいのです
ポイントはより具体的にそして明確にイメージする

具体的とは、礼をしてから組み手、投げる、押さえ込む
一連の流れとしてしっかり頭の中で組み立てが出来ること

明確とは、どんな相手、組み手は右?左?
身長は?体重は?

実際に負けた相手やライバルがいたらその人と
頭の中で柔道してみましょう

日曜には整骨師会の大会があります
みんながんばって良い試合をしてください


イメージトレーニングのページ


さて今回のお題は
自分なりの10を求めるです

あたらしい先生が来てくれて
背負いの選手は特にいい勉強になっていると思います

他の選手も
新しい事はもちろん
今まで教わったこともしっかり生かして
自分なりの技を作り出していきましょう

先生ごとに少しずつ教える方法がちがいますが
最終的には相手を投げることを教えています
そこまでの方法はみんなが頭の中で教わったことを
自分なりに考えて
技を身につけてください

わかりやすくいうと
10という答えを出す時に
1+9=10
5×2=10
13?3=10
・・・
どの方法も答えは10です
自分なりの式を見つけてみよう

教わるということは
少し前の記事ですがこちらもよんでください




みんな得意技があると思いますが
どのくらい技にこだわりがありますか?

まつは高校から内股をしてきました
何回も何回も打ち込みをして
投げ込みをして
乱取りで使って
試合で使って

その積み重ねはずっと体に残っていて
今でも最後は内股が自然に出てきます

それは内股にこだわって練習してきたからだと
思っています

みんなも得意技にこだわって
どうすればその得意技が生かせるか
どう崩せばその得意技で投げれるか
どの足技がその得意技につながるか

漠然と練習せず
こだわって練習してみよう


深イイ話サイト

日テレで深イイ話という番組が始まりました
一分でわかる話をしていいか悪いかをゲストが決める番組ですが

そのなかで、いい言葉があったので
ご紹介します

アメリカの大統領
JFケネディの弟
ロバートケネディの口癖が
Why Not(なぜやらないんだ)
だったそうです


練習でも言いますが
出来ないことは先生は怒らず教えます
でもいつも怒られますね
なんでかというと

やらないからです
練習でダラダラしたり、ふざけてたり
柔道以外にも挨拶、返事
全て出来ることをやらないから
怒られるのです

いわれなくても出来ること、やるときはヤル
出来ることはやる
ぜひ実行してください

Why Not!

ネットを見ていたら
いい言葉が載っていたので
紹介します

人生はかけ算だ。
どんなにチャンスがあっても、君が「0」なら意味がない。


さて
あなたはいくつですか?

昨日の練習をみてしみじみ思いました
きっと0ではないなと

でも1なんだろうなと
2や3になればもっと強くなれるのに・・・

月次で最近良い結果が出てくるようになりました
非常にいいですね
少しずつ勝ちかたが見えてきたのではないでしょうか

柔道をやる上で
ある程度の筋力は必ず必要になります
相手を制する、コントロールする
などです

自主的にトレーニングは非常にいいことですが
ダンベルやバーベルなどの
ウエイトトレーニングは小学生の内はやらないでください

オススメは少し弱めのチューブを使ってのスピードをつけた練習や
腕立て伏せなど自分の体重の範囲でやるトレーニング
2種類に限定するなら

下半身は走りこみ。これはジョギングとダッシュ両方です
上半身は綱のぼりができたら最高です

綱のぼりですが
これが非常にいい練習なんです
引きつけの強化には一番いいですね
他にも腹筋背筋の強化

握力も付きます
今一番やりたい練習です
でも六柔会は綱がない( ┰_┰)
町で買ってくれんかな・・・・

そういえば
オリンピック3連続金メダルの
野村忠宏選手のブログで面白い
記事見つけました
色々な質問に対しての回答が書いてあります
参考になる記事もあるとおもいます
見てください
野村忠宏選手のブログ


自分がどのレベルまで強くなりたいのか?
先ず一勝かそれとも優勝か
どちらにせよこの冬のすごし方で大きく変わるはずです

1回や2回では何をしても意味が無いです
じっくりコツコツ積み上げていきましょう

負ける話をするなんて・・・と
言われそうですが
負け方にもいろいろあります

もちろん勝てるならそれが一番いいのですが
負けて覚えることもあるのです

相手より声は出せたか?
技はいっぱい出せただろうか?
気合で負けていなかったか?
途中で諦めていなかったか?

終わったあとには
あの時こうしておけば・・・・
と言う気持ちになるはずです

重要なのは
その気持ちや考えを
必ず練習に生かし
同じ負けをしない事!


いかにその悔しい気持ちを、負けた相手に勝ちたい気持ちを
持ち続けるか。

よく練習で
勝ちたい!とは聞きますが
きつい練習はしたくないという
ところが見られます

もう一度
自分はどうなりたいのか
誰に勝ちたいのか
よく考えて練習してみましょう



今日は肩固めです

縦四方でよく見受けられますが
この技のみでもかなり有効です

一見地味ですが、力の無い選手に向いています
一度ロックしてしまえばなかなか逃げれません

この技がすぐ出せるようになるとかなり
寝技が楽になる技です



おまけ
飛びつき腕十字
結構うまいですね


アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。