柔道を通じて心身の育成に励んでいる六郷柔道スポーツ少年団です。
                                                                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口香の「柔道を考える」

元世界チャンピオンの山口香先生が
今の柔道会の問題や疑問を独自の視点で切っていくブログです
読んでいてなかなか興味深い説もあります

中でも今の昇段システムの複雑さと、金額の不透明性には
私自身理解に苦しむところもあります
そこへ一石を投じる内容の記事があったり

柔道目線だけでなく広い視点から柔道へアプローチしてるところは
さすが世界を見てきたからだろうと思う記事もありました

ぜひ一度見てください
スポンサーサイト

12chで
姿三四郎と柔道ワールドカップが放送されます
たまにゆうた先生が言いますが
柔道のことを常に考えてる
柔道の環境にいる

そんなことも1つの稽古なんだと思います
実際まつは
高校の時ほとんど柔道のことを考えたり
本を読んだりしていました。

一流の選手の動きは非常に参考になります
ぜひ番組を見てみよう

昨日ボクシングフライ級タイトルマッチ12回戦で王者内藤大助(33)が、亀田3兄弟の二男で同級14位の亀田大毅(18)を終始圧倒し、3―0の判定で下しました。

試合前から色々とにぎわすのが亀田流らしいですが、今回の試合に関しては、本当に格好悪いと思いました。

確かに結果を出さないといけない世界ですが
何をしても勝てばいいということは
絶対にないと思います。

柔道では、勝った後でも暴言を吐けば勝ちは取り消されます。
みんなは正々堂々と試合をしてください。

レスリング?

こんばんは
世界柔道みてましたか?

鈴木桂治選手の判定はかなり
悔しいものになりました

他にも日本の選手が金メダルになかなか
届かず残念な結果が多かったですね。

ただ思ったのですが
日本が弱くなったというより
世界がかなり強くなったと思います

たしかにレスリングみたいに
タックルのような柔道をしていますが
朽木倒しや、双手刈り、隅返しなどは
もともと柔道の技です。

しっかり持って技をかけるということは
柔道の基本ですが

JUDOになるときはやはりその辺の対応が
必要になるのかも知れません。

ところで棟田選手、谷選手
見事金メダル取りました
やりました。

棟田選手をみていて気がついたのですが
たい●い君に似ていたですね

顔ではなく、周りが大きいなかで
小柄ながら頑張っているところですよ。

ぜひ棟田選手のように
ダイナミックな柔道を目指してほしいです

谷選手は見事7度目の優勝
2年のブランクを跳ね返して優勝です

確かに素質があるのかも知れませんが
7度優勝の基は絶え間ない努力に他ならないと思います

世界柔道をみて
柔道がもっとやりたくなったと思います
その気持ちをいつも持ち続けて行きましょう


ところで16日は県の体育祭で
まつ先生と、りきや先生、のり先生が身延町で
出場しました。

町村の部で、4町村の総当りでした
結果残念ながら準優勝でした

それぞれの結果は本人に聞いてください

ところでセカンドライフという仮想空間で
今回の出場選手が得意技を決めています

ただ・・・
似てね??????
とくに井上選手、誰この人ってかんじですぅ

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。