柔道を通じて心身の育成に励んでいる六郷柔道スポーツ少年団です。
                                                                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

murasakiobi

えいしんの帯きましたー^^
青い帯に写ってしまったけど
紫ですw
ご心配なく

本物は水曜日に見てね
イカスぜ!古いか・・・


リンクにテクニカルセミナーを載せました
有名な選手が自分の得意技を解説しています
スポンサーサイト

組み手は一度組んだら離さない
という考えは絶対に持ってはいけません

組み手はたえず相手に合わせて柔軟に組み換え
常に相手よりいい組み手になるように
組み立てて行きましょう

技によっては、下から持つのか上から持つのか
引き手は遠いほうがいいのか、近いほうがいいのか
色々あると思います。

基本的な持ち方は先生が教えてくれますが
自分にとって一番いい組み手は
自分で見つけるしかありません

実際強い選手ほど組み手にこだわっています
漠然と練習せず
組み手にこだわってみよう

10月の月次審査の結果が
県柔連のホームページにアップされました
http://www.yamanashi-judo.jp/siaikextuka/tukijishinsa.html

昨日は身延で月末の合同稽古でした。
参加したみんなお疲れ様でした。

練習試合をしましたが、全体的に
攻め時、チャンスを生かせていない感じでした

チャンスといっても特別なことではなく
たとえば
相手が、足払いを空振りして片足になっている時
自分が良い組み手の時
相手が、技をかけたけど元に戻る時

そんな瞬間こそチャンスだと思います
なかなかすぐに
狙ってできるものでもないですが

常にそういう意識を持って練習に望めば
必ずチャンスを生かせる様になります。

1回2回であきらめずコツコツやってみましょう


柔道とは直接関係ないんですが・・・
ニュージーランドのオールブラックスという
世界でも1、2位のラグビーのチームがあります。

そのチームが戦いの前に踊っているのがハカという踊りです
ハカ(Haka)は、マオリの民族舞踊。
本来はマオリの戦士が戦いの前に踊るものであり、手を叩き足を踏み鳴らして叫び、自らの力を誇示し、相手を威嚇する。踊りです

ラグビーも激しいスポーツです。その試合のなかで
心が折れてしまっては絶対に勝てないでしょう

彼らは試合の前に自らを鼓舞し、気合を入れて戦うのです

柔道は格闘技です。そして一人で戦わなくてはいけません
自らを奮い立たせて、心が折れないように勇気を持って
戦いに向かいましょう


みんないつも頑張ってますね
もっと頑張ってもらうように
先生たちで考えました

そこで
紫帯になったら
先生たちが帯をプレゼントします!

しかも、名前入り!w( ̄o ̄)w
自分の名前の入った帯を締めると格好いいよ
頑張って紫帯を目指そう!

まずはえいしんからプレゼントです
次はだれだ?

今日は10月の月次でした
まつも会場にいって観戦しました

全体的な感想は
練習でやっていたことがそのままでた
という感じでした。

何度も何度も何度も・・・・・・・・・・・・何度も
いいますが
練習でできないことは試合ではできません。


練習がすべてです。がんばりましょう
得意、不得意あると思います。
得意なところを伸ばしながら
不得意なところをしっかりカバーするように


ところで父ですが
なんと4人抜き!!!
素晴らしい^(ノ゚ー゚)ノ☆パチパチ☆ヾ(゚ー゚ヾ)^

仕事終わってから週3回の練習は伊達ではないですね
お疲れ様でした。

いよいよ
会長杯の対戦相手もわかり
一段と練習にも熱が入ってると思います

あとはどれだけ勝ちたいという気持ちを
上げていけるかが重要です

がんばりましょう

大会に向けて今日から新メニューで
練習が始まりました。

きついなー!!と思い始めてから
がんばることが試合であと一歩
出せるか出せないかの差になると思います

みんなで声をだして頑張ろう

昨日ボクシングフライ級タイトルマッチ12回戦で王者内藤大助(33)が、亀田3兄弟の二男で同級14位の亀田大毅(18)を終始圧倒し、3―0の判定で下しました。

試合前から色々とにぎわすのが亀田流らしいですが、今回の試合に関しては、本当に格好悪いと思いました。

確かに結果を出さないといけない世界ですが
何をしても勝てばいいということは
絶対にないと思います。

柔道では、勝った後でも暴言を吐けば勝ちは取り消されます。
みんなは正々堂々と試合をしてください。

レスリング?

会長杯まで約一ヶ月

やっぱり一本勝ちは格好いいですね
画像見てモチベーション上げていこう!

スカッと一本!
いろいろな技あります



内股のいろいろな角度からの画像


背負い投げいろいろなバリエーション。
連絡技もあります

皆さんもご存知のとおり
小学校は絞めも関節も禁止
中学校は関節のみ禁止
となっています

ただ月次審査の時、少年ですと中学生と小学生が
あたる時があります

こんな場合はどうなるのか?
県柔連でこんな回答がありましたので
目を通してください

-----ここから---------

進級試験 投稿者:一保護者

質問があります。進級試験で例えば中学生が小学生とあたるとき
小学生は締め技を普段禁止されているので使わないけど、
中学生は締め技がOKなので小学生に対して締め技を使うとか、
一般の人と中学生があたった時関節技を
中学生にかけるとかというのはどうかと思います。

実際、9月の進級試験で一般の人とあたり中学の子が
関節技で怪我をして今練習が出来ない状態です。
9月23日にはウィングカップに出る予定ですが怪我は治るとしても
ほとんど練習の出来ない状態で試合をしなければなりません。

進級試験は一般だから仕方ないというのが柔道連盟の考えなのでしょうか?
そうだとしたら進級試験を受けさせるのも考えてしまいます。
連盟の考えを教えていただきたいと思います



一般保護者さんに対する質問の答え

この問題は県柔連で相当前に議論し結論が出ています。
内容はその級の規定とすることです

例えば
少年を受ける場合 絞め技あり(試合時間3分)
一般を受ける場合 絞め技、関節技あり(試合時間4分)
というように上位の規定となります

同じ級、段の場合は原則として身長・体重・年齢は関係の無いものと解釈してください
ただ、月次審査の場合は極力、身長・体重・年齢を吟味して対戦させています。

小学校低学年が「少年」で絞め落とされても、中学校1年生が「一般」で関節を取られても
その選手が上を目指して頑張って来た証であります。

現に小学生が「少年」で出場して絞め落とされたことも、中学生が「一般」で関節を取られた事は
何回もあります

今回の場合怪我をされたことは不幸であり残念なことでありますが規定を変えることはできません。

また、この件は道場又は中学校の指導者に相談されると共に、
絞め技・関節技についての指導を合せて受けて下さい。

上記の回答でご不明な点がありましたら、月次審査の時に役員にお尋ね下さい。

山梨県柔道連盟
--------------------ここまで----------------------------

となっています

確かに絞めや関節は怪我の原因になりますので
しっかりとした知識を身につけなくてはいけません

柔道は格闘技ですので、怪我はつきものです
しかし、どこまでやるのかは本人が決めることです

保護者の皆さんも
この点についてしっかりと子供と話してみてください


オリンピックでもやはり
山下先生や古賀先生は怪我をしながらも金メダルを取りました
自分がどこまで勝ちたいのか改めて考えて見ましょう

峡南地区大会も終わって
会長杯まではしばらくあるので
紅白戦してみました

みんな中々がんばっていましたね
ただ練習で習っていることを
半分も出来ていませんでした。

試合でしっかり使えるように
覚えてください

昨日も言いましたが
強い人と練習することが
強くなる秘訣です


負けるのがいやだとか
投げられるのがいやだと
言っているあいだは
強くなれないです

進んで投げられにいく位の気持ちをもちましょう
やすはそれが出来ているから
強くなっています

しつこいくらいに先生や強い人に当たってみましょう

六柔会も思えば20人以上になりました。
始めは4人からのスタートでしたので
すごい大人数になりましたね。

ぶじに運営していけるのもみんなが協力しているからだと
思っています。感謝!

さて、また新しい仲間が増えるみたいです。
大人も一人入りそうです

今まで以上に選手のみんなは、後輩をしっかり面倒見てください
以前にも書きましたが、教わることは教えるための準備です
教わったことをしっかり新しい仲間に教えていけるようにしましょう。


今回は平成の三四郎。古賀先生です↓
背負い、袖釣りうーーん切れてるね

今まで色々とすごい選手の動画を載せていますが
みんな技に入る時は思い切り入っています
この思い切りこそが技を決める一番の秘訣ですよ

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。